年金・健康保険

今日は祝日で外も寒そうだったので、いい機会と引きこもって、調べ物をいくつか片付けました。まずは年金と健康保険です。

<年金>
・退職後、国民年金へ変更。保険料は月14,660円。
 →「年金手帳」「印鑑」「離職票等退職日が分かる物」を持って区役所へ。

・日本国籍を有する者が海外に居住していた20歳以上65歳未満であった期間は「合算対象期間」として老齢年金を受けるための資格期間に算入される
(ただし、年金額には結びつかない)。
例:通常25年間加入していなければ受給されないところ、海外に15年間住んでいれば10年間加入すれば受給の対象になる。

⇒渡豪時は止めていく。

<健康保険>
・国保海外医療費支給制度により、海外での医療費も国内同様カバーされる。

・退職後は以下の2択が可能。
 1.現在加入の保険を継続
  →保険料は今の2倍の額。
   ※任意継続は、被保険者でなくなった日から20日以内に届出する必要あり
 2.国保へ変更
  →保険料の計算方法は市町村によって違う。
   手続きは、退職時にもらう健康保険資格喪失証明証を持って区役所へ
  →渡豪時は、住民票を抜くと自動的に止められる。

⇒退職後、どちらの保険に加入するかは保留。
 現地の保険に加入するので、加入しない。


まずは退職後に移転する住所を決めないといけません。両親が父親の田舎に引っ越す予定なので、そちらにするか、兄弟が住む関西に残すか。おそらく前者になるとは思いますが、ほんと田舎なので渡豪時の手続きは大変になるかも。
[PR]
by bonze705 | 2010-02-11 21:37 | OZ生活準備 | Comments(0)