カテゴリ:日々のつれづれ( 31 )

6年目の春がやってくる

久々の投稿です。
しばらく離れている間に、移住を実現された方、就職を決められた方。
おめでとうございます!!

自分の近況はというと、新年度が近づくにつれて慌しくなってきた。

大学のほうは後期の単位が無事取れたので、来年度も継続することにした。
正直ほっとしている。来年度の履修届けも書き終わったし、卒業に向けて頑張る。
仕事では、来年度からJOBリーダーをすることにほぼ決まった。

うまくやれる自信はまだないけど、やってやろうって気にはなってる。かな。
[PR]
by bonze705 | 2007-03-04 22:57 | 日々のつれづれ | Comments(0)

早かった一年

今日何気なく見てたらこのブログをはじめてちょうど一年になってました。
ホント一年あっという間に経ってしまいました。年齢も詐称してるし。(笑)

当初の予想通り?更新がピタっと止まってしまったこともありましたが、このブログを通じていろんな方と情報交換させていただいたことをありがたく思います。
私はというとまだまだ時間がかかりそうですが、少しずつでも夢に近づいていきたいです。

大学のレポートもあと少しで完成。
これを提出したら、社員旅行です!
しばしのオーストラリアを楽しんできます。
[PR]
by bonze705 | 2006-11-07 01:02 | 日々のつれづれ | Comments(3)

舞台 阪神淡路大震災

たまたま駅の構内で見つけたポスターに惹かれて、今日観にいってきました。
舞台 阪神淡路大震災

当時、私も被災しましたが、幸い自宅は小さな被害で、家族や友人も失わずに済みました。
それでもあの恐怖は忘れないだろうと思ったし、水やガスが止まって不自由したことも、食料を探してコンビニを梯子したことも、覚えています。

と思ってました。

今日舞台を見て、これらは私にとって単なる過去の記憶にすぎなくなってたんだと分かりました。
何不自由ない生活に戻った私は、また以前と同じように、感謝もせず、それが当たり前であるように暮らしています。変わったことといえば、背の高い家具を置かなくなったことぐらいかな。

私は半分当事者であって、半分当事者ではありませんでした。
だから、この舞台で描かれていた世界が、リアルであったのか、確かではありません。
ただ少なくとも、忘れていたことを思い出させてくれた舞台であったと思います。

またそのうち、私は忘れていってしまうのでしょうが、また再演された折には、ぜひもう一度観にいってみたい。あのときの記憶をたった数日間でも呼び起こして、考えてみたいと思います。

 自分が今生きていられることがどれだけ幸運なことなのか
 後悔しない毎日を過ごそうと努めているか
 自分の周りの大切な人のことを思いやれているか
 辛い状況の中でも明るく前向きになることができるか
 当たり前のことにも感謝しないかん

このような機会を与えてもらったことに、ありがとうと言いたかったです。
[PR]
by bonze705 | 2006-06-26 01:39 | 日々のつれづれ | Comments(0)

お久しぶりです

しばらく更新をしてませんでした。。

職業査定やSTNIノミネーションなど、確実にステップをあがっていらっしゃる皆さんのブログを拝見してたら、「がんばらな」と思ったり、「まだまだやなー」と思ったり。といって、1月中と目標を立てたLPI レベル1試験も、まだ片手落ちの状態。101と102両方に合格すると取得できるのですが、未だ101のみ。報告するのもお恥ずかしい!

時間だけは何もしなくても経ってしまうもので、今月末で今の会社に入って丸3年になります。前の会社にいたとき、暇すぎてプログラミング以外の仕事をさせられました。そのことに危機を感じ、資格取得や勉強に取り組んだものですが、会社を移ってからは、忙しさを理由に先延ばしにしてきたものがたくさんありました。仕事上で新しく覚えなあかんことがたくさんあって、それに甘えていたのかも知れませんね。

うーん、自立はできても、自律するのは難しい・・・
[PR]
by bonze705 | 2006-02-26 23:12 | 日々のつれづれ | Comments(2)

13年ぶりの高熱

先週末からインフルエンザにやられてました。
木曜の午後から、なんか体が重いなー、金曜日の午前中は鼻かぜか?と思ってたら、午後から寒気と腰の痛みが止まらなくなり、帰宅後熱を測ってみたら39度!それを見てさらにくらっ・・・ときてしまいました。

というのも、私こんな高熱は中2以来だったんですよね。実に13年ぶり。(健康体・・・)
それが3日続いたので、さすがに死にそうでした。「鳥」ではなくA型インフルエンザだったらしいです。流行っているみたいなので皆様もお気をつけください。かくいう私も会社でもらってきました。

うちの会社の悪しき風潮なんですが、忙しさのあまり仕事が休めず、インフルエンザなのに無理して出てくる人が結構います。確かに、丸一日仕事が遅れるんってダメージ大きいのですが、インフルエンザが蔓延したらどれだけの損失になるのか考えたら、素直に休むべきだと私は思いますね。無理して会社来てる人にそう言うのは非情かもしれませんが。

さらに大事なのは、1日ぐらい急用で飛ばしても、何とかなるような環境づくりやと思います。これが私の理想です。実績というほどではないけど、ちゃんと周りに残したっていう。退職するときも同じことが言えるかもしれないですね。

文系出のくせに私がこの仕事に興味を持ったのは、チームで何かを作るというところに魅力を感じたのがきっかけです。お互いにサポートができてこそ一緒に働いている意義があると思ってるし、それが個々人を尊重するということにもなると思っています。自分がおらんくてもええよ、と言われるのは悲しいけど、自分がおらんと何も回らへんねん、って言われるのもまた悲しいと思うわけです。
[PR]
by bonze705 | 2006-01-23 22:33 | 日々のつれづれ | Comments(2)

昨年は、ここでいろんな方々にお世話になりました。ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、引越しが年末年始をはさんでしまったことと、私の段取りが悪かったこともあり、ネット環境が相変わらず整備できていません。久々にダイアルアップでつないでみました。心なしかタイピングも高速になりがち・・・(笑

とりいそぎ新年のご挨拶をと思い投稿しました。
皆々様、ビザ取得に向けて、就職に向けて、着実に進んでおられるようで、その様子を拝見していると私も前を向いていられるような気がしてうれしく、ありがたく思います。
2006年中の移住を目指していらっしゃる方々、今年は夢がかなうといいですね!

皆様(と、私にとっても) 幸多き一年でありますように。
[PR]
by bonze705 | 2006-01-07 23:57 | 日々のつれづれ | Comments(6)

ばたばた

今月末に引越しするんですよ。仕事もここんところ忙しい状況が続いてて、荷物が全くまとめられてへん。忘年会やら年忘れ企画やらで、明日も日光江戸村へ小旅行へ行く始末。
進まんわ、これでは。。。
今年1年はいろんな意味で仕事のプレッシャーがきつかったので、自分も少しは強くなった気がしている。来年はこれを踏み台に少しでもいい仕事ができるとよい。今はバタバタしてますが、新年を新しい住処で迎えるというのも、悪くないと思ったのでした。
[PR]
by bonze705 | 2005-12-09 23:18 | 日々のつれづれ | Comments(4)

働いてみて変わったこと

勤労感謝の日ですね。あ、もうすでに日付が変わってる・・・

今は誰を扶養しているわけでもなく扶養されているわけでもないので、まあ 自分のために働いている。感謝するべきは自分で、感謝されるべきも自分?そうなのかしら。
いったいこの祝日の意図はなんやろう。わからん。Happy Mondayでないってことは、どうしても11月23日でなければならんのよねえ。その由来も分からん。
勤労して税金を納めていることに対する感謝の日じゃないことを祈る!(爆

働きはじめてから性格が変わったという人は結構いるんちゃうかと思う。
私もその一人です。というより、地が出てきてしまったのか。
人と合わせてもうまくやっていこうと思っていた昔とは違って、自分の言いたいことは言う今。
要因はさまざまですが、

1. 人と合わせるとストレスが増える。たとえぶつかっても正直になったほうが後々も○。
2. 伝えんと分かってもらえないと気づいた。自分の将来を作るには発言するしかない。
3. 単に短気で いらち になっている。幼児返り?!?

ずいぶん扱いづらい人間になった気がするけど、今の自分は気に入っている。
適当に仕事やってたら、こんな性格になる必要はないもんねっ。と無理やり正当化。
[PR]
by bonze705 | 2005-11-24 01:23 | 日々のつれづれ | Comments(1)

熱中力?

前に 私には"熱中"できるものがない、と書いた。
このことはずっと私の悩みであり、周りの趣味持ちさんへのジェラシーである。
熱中できへんのは 納得するまでやる必要がないと思ってしまうから?
いやー そんなにCOOLな合理主義者ではない。

仕事でひとつのことに集中すると、他のことができんくなる。
仕事がうまく行ってないと、家に帰ってからも気になって、夢に見てもうたりして、
倍疲れてしまいます。
この性質は仕事人としてあんまり褒められたものではない。

でも考え方を変えると、熱中予備軍なんでしょうか。
一度決めたら絶対に人の意見を聞かない頑固なところも、
これが正しいと思ったら引かない(我が強いと言われる・・・)ところも
一歩内に入れば あるいは 外に外れれば違うのかもしれん。

あー 不器用なのか、私。
それとも自分のプライドに関わることだけには引かれへんだけなんやろうか。
[PR]
by bonze705 | 2005-11-13 00:46 | 日々のつれづれ | Comments(0)

人を評価する

冬の賞与査定をせんならん。
よくも悪くも、部下を持つ=評価するということをやらせてくれるんですが。

うーむ 難しい。
その評価によって、モチベーションにも影響するわけやん。
たとえば 評価されんかったことに対して、奮起する輩とやる気をなくす輩がいたとして。
そのどちらに対しても同じ基準で評価するべきなのだろう。

さらにその基準ってなんじゃろ?ということなんですな。
どうしても自分基準になってまうので、これでええんかいなと悩む。
結局は これからも一緒に仕事したいかしたくないか、改善できるなら許せるか、
もう無理!我慢ならん!なんか、なんですよねえ。勝手な話。

いつも意識しているのは
あなたの●●なところを見てますよ。ということを正直に伝えることかなあ。

評価には納得してないけど言い難いから溜めておく?
反論できへんのは自分にまだ頑張る余地があると認めたんや と思うことにする。
そう思わなければその輩を信頼することができない。
[PR]
by bonze705 | 2005-11-11 00:35 | 日々のつれづれ | Comments(0)