私は生まれたときからアトピーがあります。
赤ちゃんのころ、それから思春期のころが特にひどくて、
大人になってからは少し治まったのですが
いろいろと肌に合わないものが多くて今だに苦労しています。

ここ1~2年でまたひどくなってしまって(特に乾燥が)
薬を塗ればすぐ治るんですけど、切れるとちょっと大変に。
唯一、健康面での心配事なのです。

昨日、また皮膚科に行ってきました。
塗り薬は、いつもいただいているものを。

それでふっと思ったのですが、
この処方箋って英訳してオーストラリアに持っていけば
少なくともこれに近い薬を処方してもらえるのでは?と。
特にステロイド剤は強いものから弱いものまでありますので
今も顔用、体用と使い分けているのです。
処方箋があったほうが、安心です。

今まで自分の調べものリストには入っていなかったのですが、
これは調べておく必要ありそう、ということで。


オーストラリアで病院へかかるときは、まずGP(かかりつけ医)へ行きます。
そこで処方箋を出してもらい、薬局で薬をもらうパターンか、
専門医を紹介してもらってそちらへかかるそうです。
ということは、GPにかかるときに英文の診断書と処方箋を
持って行って相談すればよさそう。

また薬代は自己負担ですが、
SafetyNetという制度により、1回の処方につき、最高自己負担は約$30。
また年間(1月~12月)の薬代が$1000強を超えると、以後の自己負担はタダ。
(サイトによって金額が微妙に違うのですが、だいたいこのぐらい)

ちなみに、毎回GPへ行かなくても
同じ処方箋で何度も薬を出してもらうこともできるそうです。
以下のサイトに詳しく載ってました。
オーストラリアの処方箋

それから今回始めて、飲み薬に漢方薬を処方してもらいました。
東洋医学的には、皮膚の疾患も内臓の不調によるところが
大きいのだそうで(怖)
これでせめて慢性的なアトピーが治まってくれるとありがたいのですが。


オーストラリアの皮膚科・漢方薬事情がどうなのかについても
今後もう少し調査したいと思います。

つづく。
[PR]
by bonze705 | 2009-06-14 01:48 | OZ生活準備 | Comments(6)

175 & CSL Timeline

まだまだ先と言い聞かせつつも、やはり進捗は気になるのですよね(笑

このブログを始めて、先輩方に教えていただいたビザ情報サイト「British Expats」には
たくさんの情報が書き込まれています。
信頼性が100%というわけではないのですが。

これだけビザ条件が厳しくなっても、
やはり世界からこれだけたくさんの人がオーストラリアを目指しているんですね。
CSLに載っているのもかなりの人数ですよ。

同じようにGrantを待っている人たちの状況を観察できるページがありましたので
ブログにリンクしておきました。
ついに2009年2月の申請者にCOが回ってきているようです。
大体、1ヶ月に2ヶ月分って感じですかね。
7月には新会計年度となってビザ基準も変わりますが、
そこからスピードUPしたりしないかなあ。

今は彼らと同志の気持ちで、COさん頑張ってーと待っております。
でも入国して、仕事を探すようになったらライバルですよ。
アデレードを目指している人の専門分野はやっぱり気になってしまいます。

いろいろ幅を広げるために試行錯誤しておりますが
経験を積むには時間も必要です。
それから英語力も・・・
私は自分のプログラムが動いた時の喜びよりも、
分からない問題の原因を突き止めたり、解決策を考える方が好きなようなので、
保守やトラブルシュートの方が向いていると思うんですね。
将来そういった分野でやっていこうと思えば、
「説明する力」「コミュニケーション力」が必要ですから。

そういう仕事ができるときがきたら、本当にうれしいと思うのです。
[PR]
by bonze705 | 2009-06-12 00:10 | ビザまでの道のり | Comments(6)

あのころ

突然ですが、15日で部下の1人が会社を辞めることになったんですね。
「ずっと学校に行きたいと思ってて、お金を貯めるために働いてましたけど、
目標の額貯まってしまってから、会社にいる目的がなくなってしまいました」ですって。

もうちょっと言い方ってものがありますよねえ。。。
若さゆえのバカ正直さっていうんでしょうか。
いえもう、私の上司なんてご立腹でしたよ。「なんだよ、腰掛かよ」って。

別に私は会社にいる目的なんて何でもいいと思うんですよ。
自分だって人のこと言えないし。
それに「やりたいことがある」と言ったときの彼の目はまっすぐだったので、
ぜひ頑張って欲しいです。

きっとね、もう少し大人になって気付くんですよ。
「あの時は勝手なこと言ったもんだなあ」って。
自分のやることもやんないでさあ。って。

きっと彼が夢を叶える過程でね。
周りの人の助けがどんだけ必要なのかってことも、
そういう人たちにどうやったら恩返しできるんやろう、ってこともきっと考える。


昔の自分を反省した出来事でした。
[PR]
by bonze705 | 2009-06-09 23:05 | ひとりごと | Comments(2)

渡豪時期について

こんばんは。

現在、Lodgeから1ヶ月と10日です。特に何の変化もありません。
BEupdateを見ていると、Subclass176/475+CSL組が一番早くCaseOfficerを割り当てられているようで、2009年3月にLodgeした人にも出始めている様子。

私がApplyしているSubclass175+CSLは、だいたい2008年12月~2009年1月ぐらいを処理している様子ではあるのですが、まだまだかかりそうな雰囲気。誰かさんがBritishExpatsで「1weekごとに1ヶ月分を処理していく」みたいな発言をしていましたが、状況を見る限りこれはガセネタのようです。
私の職業はQLDやVICの州スポンサーリストに入っているので、今からでもスポンサー申請をすれば176で行けない事もないですが、まあそんな焦るもんでもないので気長に待っております。

ビザの進捗もさることながら。
はてさて、いつごろ渡豪できるのかな。

まず今の仕事の切れ目があるのかなあというのが一番。
それから景気の状況も重要ですね。
できたら年末ぎりぎりまで日本で働いて渡豪したいけれど、今年中にビザが出るかどうかは微妙なところなので、来年になるのかなあと思うのですが。

それがですねえ。来年って厄年なんですよね、私。
東京に出てくるときも「移転 凶」って悲惨なおみくじをひいてしまった強運ぶり。
確かにあんまりいいことなかった(笑

オーストラリア1年目、そうそううまくは行かない予感です。
あ、厄年を避ける気はゼロですね。あはは。
[PR]
by bonze705 | 2009-06-07 23:38 | ひとりごと | Comments(3)