<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

強い人々

震災からもうすぐ10日が経とうとしています。犠牲者の数は増え続け、阪神大震災を超えました。比べてどうというものではないけど、あの震災よりもひどいことが起こるなんて本当に信じられません。

東京は計画停電で混乱してはいますが、電車も6~8割方動いていますしそれほど不便ではありません。買い占めは相変わらずですが、店も開いていますし食べ物に困るということもありません。また、原発の心配もありますが、自衛隊や消防士さんが最前線で必死に放水活動をしてくださっているおかげで、放射線の量も抑えられているし、今は頑張ってくださっているみなさんを信じて、パニックになることなく冷静に行動することが大切と感じています。

毎日ニュースで報道される被災地の様子には、逆にこちらが元気づけられる思いです。自分のことは後回し、家族の安否も不明な状況で被災者のために働く人や、少ない配給を分け合い、感謝の言葉を繰り返す人たちの姿を見ていると、なんて前向きで強い人たちなんだろうと思います。自分を律し、動じず、今すべきことをする。こういう人たちと同じ日本人であることを心から誇りに思うし、自分もしっかりと今の状況と向かい合わなくてはと思わされるのです。

そういう状況の中で、仕事が始まり、震災で遅れた開発スケジュールを修正していかなくてはならない。私たちの仕事は電力を使います。再開した当初は、本当にこれが今自分のすべきことなのか、わからなかったときもありました。でも今は、被災地が復興したあとに必要なのは日本経済が元気であることだし、自分は働くことでその一端を担っているのだと言い聞かせています。

効率的に仕事をし、極力電力を使わない。テレビを消して読書する。買い占めしない。募金する。自分の周りだけでも明るくする。できるだけ普段通りに生活し、財布のひもを締めすぎない。私にできるのは本当に小さなことですが、被災者の方々の内にある強さを信じています。そしてこの震災を忘れず、継続的な支援が必要であることを、心に留めておかなければと思っています。
[PR]
by bonze705 | 2011-03-21 10:59 | ひとりごと | Comments(0)

震災

かなりの揺れでしたが、無事です。仕事場にいたのですが、天井の一部が落ちた階もあったようです。
帰宅難民にはなったものの、土曜昼過ぎに自宅に到着しました。

これぐらいで済んで、ホンマに幸運なことです。テレビで宮城や岩手の様子が映し出されるたびに、震えがきます。犠牲になった方、家や大切な人を亡くした方の無念さ、絶望感を思うと胸が詰まります。

今私に出来ることは、可能な限り節電することぐらいです。明日朝から、地域ごとに順番に停電にするとのことです。

取り急ぎご報告します。
[PR]
by bonze705 | 2011-03-13 21:53 | 日々のつれづれ | Comments(2)