なんだかジェットコースターに乗っている気分で突入した半年ぶりのサラリーマン生活ですが、文化の違いにびっくりすることが多くて戸惑ってます。基本的にはうれしい悲鳴なんですけど、なにかしっくり来なくて気持ち悪いというか。

初日に行って判明したんですけど、1つのポジションを募集してて、3人面接したんですって。その3人とも全く違うバックグラウンドを持ってて、それぞれ「いいね!」だったらしく、3人とも採用したって。会社全体で募集してて、1人→3人とかなら全然分かるんだけど、技術部のネットワークチームって10人もいないんですよ。それをイキナリ3人増やすってすごい冒険だと思うんですけど。ま、そのおかげで私は職を得られたわけなので、何も不満はありませんけど、ちょっとビックリしました。

冗談ぽく「3人も一気に入るから、競争が激しくなりそうだよねっ」って言われたんですけど、全然笑えませんから!3人とも全く違う仕事を任されるようなので、本気で3ヶ月後に2人をふるい落とす気はなさそうですが、冗談であることを本気で祈ってます。

で、私がメインで一緒に仕事をすることになるであろう人ですが、初日病欠でした。と思ったら結局3日も続けて休んじゃいました。金曜日~月曜日までイースターホリデーで4日休みなので、彼は1日出勤しただけでまたお休みに入ってしまうという。日本だったら大型連休の直前に3日も病欠するなんてまずありえません。連休直前の木曜日に出てきた彼、めちゃくちゃ元気そうだったもんな。ホリデーはメルボルンに旅行に行くって言ってたし。日本でマスクして、熱っぽい顔で体を引きずるようにして出勤してた人、何人も見てきたから、ビックリを通り越して笑いをこらえるのに必死でした。

そんな感じなので最初の2日はたいした仕事もなく、社内を回っていろんな人に挨拶したり、フロアを見学したり、データセンターに連れてってもらったり。あとは労基関係のe-learningをやってましたが、ボリュームが多い上にテストで80%以上クリアしないとやり直しのシステムなんで大変です。さすがに2日で飽きて他の仕事と半々にしてもらいましたが、まだまだあるので時間を見つけて進めないとです。めんどくさい。。

同僚たちですが、とにかく説明が早くて聞き取れない!年配の人は結構ゆっくり目に喋るので大丈夫なんですけど、若手のスピードについていけません。頭から湯気が出そう・・・というか出てたかも。新入社員3人のうち、私を含めて2人が同じ日にスタートしたので、毎回聞きなおすわけにも行かず、重要そうなところだけ確認して、ただなんとなく大枠は理解したかな、って程度です。1対1はともかく、集団で話し出すともう全くダメ。英語に関しては不安が再燃、ちょっと胃が痛い問題です。いつかなじめるのだろうか・・・

3日目は、これからテストする、あるネットワーク機器についてのミーティングに参加させられました。メーカーの営業と技術、CTOとプロジェクトマネージャー、シニアのネットワークエンジニアと私。すごい場違い感満載だったんですけど。その機器について1、2行程度の説明しか受けていない状態で会議に行って、しかも英語オンリー(当然ですが)、対応できるわけありません。他の人はいくつか質問していたけど笑顔で挨拶するのが精一杯でした。

4日目からは、チームの他のエンジニアが担当していたテスト業務を引き継ぐことになりましたが、機材の配線を説明されたぐらいで、こっちから要求してやっとテスト項目やログファイルの置き場なんかを教えてくれた感じです。テストしている機器のマニュアルもくれないし。そんな状態でメーカーともやり取りすることになってしまい、メール書くのにいちいち時間がかかってしまってます。こちらも主に英語の問題ですね。

で、テストしている間にちょっと問題が起こってしまったんですが、解決しようと前担当者に聞きつつ色々やっていたら、前担当者、知らない間に帰っちゃった。フレックスなんで朝早くスタートして早く帰宅するパターンだったみたいです。っていうか一言言ってよ!アナタが帰った後にメーカーの担当者からまたメール来るし、翌日からはホリデーに入るわけだから、どこまでやればOKなのかとか、私じゃ判断できないよー・・・と軽く汗かいてきたので、上司に確認。

で、一言
「来週でいいよ。どうせテストだし」

すげー。テストって言っても、フィールドで上がってきてる問題の検証なんだよ。リセットすれば直るっちゃーそれまでですけどね。さらに、


「今日、仕事は4:30で終わるから。片付けて帰るなり、ビール飲むなりしなよ」


すごい、すごすぎる。

そしてオフィスで酒盛りが始まり・・・私は少しだけ同僚と話して、帰りました。金曜日は何で明るいうちからビール飲んでる人がこんなにいるんだろうと思っていたけど、謎が解けました。大体金曜日はこんな感じみたいです。このペースで働いてたら、そりゃーストレスに弱くなるでしょうね。この分だと、On call対応とか言っても大体は「明日でいいんじゃない」で片付けられてしまいそうです。

こんな感じで英語の壁にへこみつつ、カルチャー・ショック満載の1週間になりました。
[PR]
by bonze705 | 2012-04-09 15:05 | シゴトと勉強 | Comments(8)