携帯からの国際電話

緊急用に、携帯から日本に国際電話をかける方法を調査。(Optusの場合)

"+" ("0”のボタンを長押し) - 81(日本の国番号) - (0) 90 - 1111 - 1111

※ 国番の後の (0) 部分は不要です。

ソースはこちら
これで電話帳に登録しとけば、SMSも送信できます。

"+"の入れ方を思いつくのに時間がかかったので、メモしときますね。(笑)
[PR]
# by bonze705 | 2012-01-24 12:18 | OZ生活準備 | Comments(2)

シェアハウス決定

シェアハウス、決めました。
少し見て回っただけで、こんなに早く決まってラッキーでした。とりあえず住んでみないとなんともいえませんからね。

シェアメイトはOZ男性と、インドネシア人女性です。
レントは$115/wで光熱費・インターネット込み。ボンドは2週間です。徒歩圏内にスーパーマーケットもあります。ちょっと安すぎなんじゃないかって心配もあるっちゃあるのですが。

Cityへは、夢だったO-bahnで約15分!
わくわく。

Weekdayに毎日Cityへ行ったとして、$115+$30(バス代)で、予算の$150/wに収まりました。
学生の間はバス代も$15/wですしね。

来週半ばには引っ越します。今いるバックパッカーもみんなフレンドリーで結構楽しいけど、なにせ荷物が片付かないもんで(笑)
[PR]
# by bonze705 | 2012-01-22 09:52 | OZ生活準備 | Comments(5)

Centrelink登録&LLNP経過

本日Centrelinkのカスタマーサービスオフィスに行ってきました。
Job Seek IDはすんなり発行してもらえました。で、今度の水曜日にエージェントと面談です。
ただ私ら移民は2年間の保護期間内に置かれているため、上記のエージェントはおそらく「not helpfull」とのこと。まあ、これは予測していたのでOKかな。

で、昨日問題になったLLNPの件を尋ねてみたのですが。結果はダメでした。
無料の英語レッスンを受けられないビザクラスがあるそうで、175や176などの技術移民はこれに含まれているとの回答。Wordのドキュメントを見せられたのですが、これは内部資料とのことです。

ちなみに175/176以外にもたくさん書かれていたのですが、自分は他のビサクラスはよく把握しておらず、具体的にどれがOKでどれがダメなのかまでは不明でした。ちゃんと聞けばよかったなー

先輩方でLLNPを受けられた方はたくさんいらっしゃるので、いつのドキュメントかと聞いたのですが、ここ3年以内のものということでした。

あきらめきれずCentrelink本体に問い合わせてみますが、TAFEのInterlinkも同時並行で申し込もうか思案中です。

というわけでまだ続きます。
[PR]
# by bonze705 | 2012-01-20 12:06 | OZ生活準備 | Comments(8)

本日朝はちょっと寝坊して、9時半ぐらいから行動開始。
今日の活動記録を。

・Medicare
パスポート、ビザを提示して、申請用紙に記入していけばOK。
特に難しいところはありませんし、分からないところは受付の方に聞けたのですんなりできました。
住所はとりあえずホテルのものにしておきました。オフィスに取りに来るようにできるか聞いてみましたが、キャンベラから直接郵送されるのでそれは無理とのこと。最大3weekで届きます。
ちなみに電話番号は無記入です。メールアドレスだけ。

・携帯購入
Medicare申請で電話番号が問題になったので、次は携帯を購入することに。
Optusの方がトータルコストが安かったのでこちらで。必要なのはパスポートのみです。書類とかも一切欠かされませんでした。
携帯本体(SAMSUNG、カメラ付)が$29、プリペイドSIMは6ヶ月有効の$30のプランです。$30と言っても$20のボーナスクレジットと、Optus同士の通話が$100無料で付いてくるので、しばらく受信専用になるであろうと予測して有効期限を長めのものにしてみました。これで脱「連絡のつかない人」になれました。

・銀行口座開設
次は銀行へ。事前にインターネットで口座開設していたので、スムーズにいきました。
NABの口座開設については、こちら
窓口でパスポートを提示し、Activateしてもらって、サイン登録して、終了。
ホテル住まいということで住所は登録せずでOKでした。1week後にパスポートを持って銀行窓口に受け取りに行きます。

・運転免許取得
日本の免許証と、国際免許証を持って、TransportSAへ。
入り口で申請用紙を渡されるので、まずそれに記入します。ただ、申請には住所の証明が必要でした。具体的には、自分に郵送されてきた郵便物や、仮住まいの場合はそこに住んでいると証明できるレターなどです。
これは出直しかなと思って、ダメもとで以前ワーホリ時代に取得した免許証を出したら、それでOKとのこと。全然今の住所証明にはならないのにね。
ともかくこれで免許証が送られてきます。あとはデジカメで写真を1枚取られて終わり。「この写真でいいですか?」とか一切ないのが、割り切った感じでいいですね(笑)

・LLNP申し込み
TAFE SAの奥にある、English Language Centreというところに行きました。窓口でLLNPを受けたいと申し出たところ、ビザクラスを聞かれ、175と答えると、skilled migrantはLLNPを受けられないとの回答。
窓口の女性によるとオプションは2つ。州が提供する英語プログラムを受けるか、以前も触れたことのあるInterlinkという就職活動者向けプログラム。
州提供のコースは、1月下旬に始まるけどそちらはすでに満席とのこと。次のコースは7月から・・・夜間コースであれば、4月開始のコースがあるが、どちらにしても今は旅行中のコーディネーターさんと面談をして、レベルチェックなどを経て入学が許可されるとのこと。
Interlinkは4week、$103のプログラムで、2月初旬開始。こちらもセレクションがあるので、確実に入学できるかどうかは不明。

とりあえず、subclass175がLLNPを受けられないなんていう記載はどこにも認められないし、納得いかないので明日Centrelinkに行ってみる事にしました。事前にメールで問い合わせはしていたんだけど、永住ビザだってことしか伝えてなかったので、175がダメなんてのは想定外だったな・・・

ということで、この話は続きます。
[PR]
# by bonze705 | 2012-01-19 16:51 | OZ生活準備 | Comments(5)

無事入国!

乗り継ぎ地のゴールドコーストに到着して、入国審査を無事通過しました。
ここであと5時間ぐらい待ちになります。

結局荷物はスーツケースがジャスト30kg。手荷物×2であわせて12kgほど。
手荷物の方は結局計測されずで、無事通過できました。
ただ重量的にはちょっと無茶でした。死ぬかと思いました。既に腕が筋肉痛になりかけてます。特に直前止めてもらった妹宅がエレベータなしだったのがキツかったです。階段から転落して渡豪延長なんて、かっこ悪すぎですから!

本日夜からしばらくはホテルに宿泊。各種手続きを順番に実施するのと平行して、シェアハウスを見て回る予定です。携帯(連絡の取れる番号)が無いのが一番不便なので、何とかそこまで一気にやってしまいたいなと。

オンライン申請していた銀行口座開設は、出国直前にできました。
ので、Citibankに送金先登録まで済ませることができました。
あとは登録が反映されるのを待って(最大1weekぐらい)、オンラインから送金依頼すれば完了。
当座のお金は、手持ちの現金と、それでも足りなければCitibankの日本円建て口座から現地通貨で引き出すことができるように、お金を入れておきました。

アデレード到着は現地時刻18時ごろ。
日が暮れる前には着けるかな。
[PR]
# by bonze705 | 2012-01-18 08:20 | ビザまでの道のり | Comments(10)

荷造りほぼほぼ完了

出発まであと1週間となりました。
荷造りも大方終わりです。

荷物ですが、まず諸先輩方のお話を参考に、二重になった頑丈なダンボールを購入ました。
そして所持品を

1.行ってすぐ使うもの
2.すぐには必要ないけど季節がめぐってくれば必要なもの
3.そこまで必須じゃない、最悪自分が帰国したときに持ち帰ればいいもの

に分け、1.→スーツケース、2.ダンボール、に入れていきました。プラス、緩衝材代わりのタオルやスリッパ・タッパー、使い慣れた薬・化粧品類、オーストラリアであんまり見たこと無いピンチハンガーやゴム手袋などを安く購入してきて隙間に詰めます。側面には衝撃に耐えられるよう本や箱物を入れました。

服や靴は基本季節ごとに分けて入れたので、はじめは全部船便で送るつもりだったけど、最悪3ヶ月かかったときのことを考えて、一部はエコノミー航空(SAL)便で送ることにしました。

ちなみにすべて郵便小包です。
こちらで料金を調べられますが、なぜか航空便よりEMSの方が安いんですね。不思議。

スーツケースは100Lクラスの特大なのですが、荷物をぎゅうぎゅうに詰めたら預け荷物制限の30kgを軽く越えてしまいました。Jetstarは40kgまで5kg刻みで預け入れ荷物の重量を選ぶことができますが、予約後に変更する場合は割増料金を取られてしまいます。
私は30kgで申し込んでいたので、これではいかんと郵送荷物・手荷物のほうへ移動、スーツケースの方はなんとかそのラインにおさまりました。

といっても、手荷物に重いのを詰め込んだだけですけど・・・(汗
手荷物も10kgまでの決まりなんですが、10kg+5kgぐらいになってしまいそう。ダメって言われたらおとなしく追加料金を払うしかないかな。

ダンボールは合計4つ。内寸510×300×360ですが、郵便小包の場合はサイズ関係なく重量だけなので、もうひとつ大きいサイズでも良かったかも。10kg+17kg+18kg+12kgで、うち2つをSAL便、2つを船便にして、住居が確定しだい宛先だけ記入して送ってもらえるように、送り状と内容物のリストを準備しました。トータル4.5万円ほどですね。

本当は本をもう少し送りたかったけど、最初は身軽にしときたかったので、所持本のリストだけ作って後は実家に放置します。
これぐらいならシェアを移ることになってもなんとかなりそうかな。どうせ荷物はどんどん増えていくだろうし・・・けど隙間無く詰めたので、一回開けた後に同じ箱に収まるかどうかは自信ないですね(^^;

後は確定申告の準備も終わったし、最近は専らシェアハウス探しです。インスペクションのアポを順次取ってます。

いよいよカウントダウンです!
[PR]
# by bonze705 | 2012-01-11 20:50 | OZ生活準備 | Comments(4)

到着直後のTODO

到着後に行うことを優先度順に整理。

1.TFN取得
 →入国直後にonlineから申請。参照

2.在留届
 →入国直後にonlineから申請。参照

3.メディケア加入
 →パスポート、永住ビザ、申請書類を持って以下のメディケアオフィスに行く。参照
  30 Currie Street Adelaide SA 5000
  08:30-17:00 Monday to Friday excluding Public Holidays

4.銀行口座開設
 →onlineから口座開設したので、その情報を持って口座をactivateするだけ。
  あとは日本の銀行口座に海外送金先登録されるのを待って、送金依頼。

5.運転免許取得
 →日本の免許証、国際運転免許を持参し、transport SAへ。参照
  EDS Centre
  108 North Tce Adelaide 5000
  Monday to Friday, 9am - 5pm (excluding public holidays)

6.語学学校決定
 →LLNPに申し込むにはCenterlinkの登録が必要。
  先にTAFEでコースの情報を仕入れたあと、Centerlinkへ行くことにする。
  TAFEには事前にメールで問い合わせ済み。行けばvisaステータスもチェックしてくれるとのこと。
  TAFE SA English Language Centre
  Level 1, 120 Currie Street, Adelaide, 5000 SA.

7.Centerlink登録
 →以下のCenterlinkオフィスに行く。登録後は、onlineからサービス利用可能になる。こちらから
  Centrelink CIC - Adelaide
  Ground Floor 191 Pulteney Street Adelaide SA 5000

8.携帯電話契約
 →とりあえず最初はプリペイドからスタートすることに。各種証明書がそろってきたらポストペイドに変更。
  番号同じでプラン変更できる、と、ビザ申請同期で移住の先輩であるみつまめさんからの情報。
  Telstra
  Optus

9.シェアハウス下見→決定
 →1週間以内には決めて、日本からの船便を発送したいところ。参照
[PR]
# by bonze705 | 2012-01-08 22:48 | OZ生活準備 | Comments(2)

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
皆様今年もどうぞよろしくお願い致します。

2012年は年頭から新しいこと満載の年になりそうです。
失敗すること、へこむこと、過去にないぐらいたくさんな年になりそうですが、そんな状況をどこか笑える自分を一生懸命キープしたいと思います。

昨年12月に1ヶ月ほどヨーロッパと、タイを旅行していましたが、自分の英語力不足を再度痛感しました。
オーストラリアでは有名な、バスあいのりツアーなんですが、特に若い人は話すスピードが早くて早くて・・・あっというまに置き去りです。まだまだ頑張っていかないといけません。

2012年は可能な限り多くの人と話し、コミュニケーションを楽しみ、共通点や違いなど、自分なりの発見をしながら、脳を活性化していきたいと思っています。

予定より1年半ほど遅い渡豪になってしまいましたが、30代で自分が幸せだと思えるライフスタイルを確立できればいいな。

そして日本との関わりも大切にしていきたいです。震災でみんながひとつになって頑張ろうってとき、海外に移住するって軽薄なのかなと少し思ったこともありますが、何かしら人様のお役に立てるように日々頑張っていれば、どこにいても一緒、というかどこかで日本に必ずつながっているのかなと今は考えるようにしています。

家族や友人、前職の同僚にも感謝しています。いい年して何の当ても無く海外に行くって言っても、多少の反対があっても送り出してくれるわけですから。

1年後、みんなにいい報告ができるように、失敗しても諦めず、自分から動くことと、人の親切は素直に受け入れ、心から感謝すること。これだけは肝に銘じて頑張ります!

皆様にとりましても素敵な一年でありますように、願っております。
[PR]
# by bonze705 | 2012-01-06 16:21 | ひとりごと | Comments(4)

運転免許証

東京を引き払い、実家に帰ってきました。
いよいよって感じです。

今日は運転免許証について。
実家に帰って、住民票を移動して、さて免許証も住所変更すべきか考えています。

日本の免許をオーストラリアの免許に書き換えるには、日本の免許証の英文翻訳、住所証明、パスポートを持って、transport SAへ行けばよいとのこと。よって日本の最終居住住所は問題にならないと思われる。

国際免許証を持っていれば即運転できるけど、交付に3,000円近くかかるし、まず日本の免許証の住所変更をしてから交付申請をしないといけない。しかも田舎の試験場で交付申請すると2週間も待たないとならないので、あっさりパス。

後は翻訳を安くしてくれるところを探せばOKかな。
領事館が一番安そうだけど、アデレードにはないんだよな。

ABC INTERNATIONAL
 3/39 Clarke Street, Norwood SA… (08) 8364- 5255
 www.abcinternational.com.au

TRANSLATION CONSULTANTS INTERNATIONAL
 Suite 7/70 Walkerville Terrace Walkerville SA 5081… (08) 8342- 5200

INTERPRETING AND TRANSLATING CENTRE
 24 Flinders Street, Adelaide SA 5000… (08) 8226- 1980
 www.translate.sa.gov.au

ON- CALL INTERPRETERS & TRANSLATORS AGENCY
 118 King William Street, Adelaide SA 5000… (08) 8410- 5111
 www.oncallinterpreters.com

ADELAIDE STUDENT SUPPORT SERVICES
 Level 3, Peel Chambers, 23 Peel Street, Adelaide SA 5000… (08) 8410- 1166
 www.gakko.com.au

<11/24追記>
上記の翻訳会社のHPには具体的な料金は出ていないが、先輩方のブログを見ていると最低でも$30はかかる模様。
ちなみに領事館で翻訳した場合は$26(ソースはこちら)。

「移住する?」のtrancosoさんからのアドバイスで、TransportSAのサイトを確認したところ、日本の免許証の翻訳版の代わりに、国際免許証でもOKとのこと。
[PR]
# by bonze705 | 2011-11-22 20:11 | OZ生活準備 | Comments(6)

購入品リスト

ほしいものを列挙するけど、いくつかはあきらめなきゃだなー

□炊飯器
■ノートPC
■電子辞書
□変圧器
□ホームベーカリー

ノートPCだけ黒い四角になってるのは、悩んだ挙句めでたく購入したので。
前のは修理したけどやっぱり重くて。¥54,000程度でCorei5、HDD750GB、メモリ4GB。持ち運びもしやすい大きさなので、だいぶん満足です。
[PR]
# by bonze705 | 2011-11-10 15:24 | OZ生活準備 | Comments(6)